« 弁当か毒饅頭か?みんす党懇談会 | トップページ | 王毅大使の寄稿 »

ネットで選挙運動:国会議員アンケート

木村剛さんのブログで国会議員アンケートの結果が発表されました。
[ゴーログ]ブログは選挙活動に使えるのか?

86%の政治家が賛成しています。それに対して、反対は2.7%、その他が8.7%です。なお、全議員480名でみると、賛成が132名(27.5%)、反対が4名(0.8%)、その他条件がついた方などは13名(2.7%)、未回答が331名(69%)となっています。

議員連盟を結成するには充分な数だと言えるでしょうが、回答をいただけない方は、まず反対だと考えたほうが良いでしょう。
後は先の衆議院選挙でも言われた、「国民の声は無視できない」状態にすることでしょうね。

ブログで騒ぐことも必要ですが、ネット人口の半数を占める携帯電話族にもどう取り込むかが決め手になるでしょうね。
私が考えつくのは模擬選挙をすることです。
地方議員でもブログやネットで熱心に活動されている方は大勢いらっしゃいます。
その方たちを巻き込んで、ネットで選挙運動をして、実際に投票してみると盛り上がるんじゃないでしょうか。
ネットで選挙運動:実証実験を提案します。

|

« 弁当か毒饅頭か?みんす党懇談会 | トップページ | 王毅大使の寄稿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12990/6790735

この記事へのトラックバック一覧です: ネットで選挙運動:国会議員アンケート:

» ブログを制する者が政治を制す [びんごばんごBlog]
 有権者3千人の投票行動に影響を及ぼすブロガーが3千人いれば、その動員力は900万人にのぼる。これは創価学会に匹敵する集票力だ。総務省の調べでは現在、ブログ登録者は473万人いる(2005年9月末)。  11月1日、自民党がネット選挙運動解禁を目的とする公職選挙法改正に向けて動き出した。党の選挙制度調査会にネット選挙に関するワーキングチームを設置し、来年の通常国会への法案提出を目指す。 世耕日記 2005年11月1日  朝、選挙制度調査会のインターネットを使った選挙運動ワーキングチ... [続きを読む]

受信: 2005.11.05 18:36

« 弁当か毒饅頭か?みんす党懇談会 | トップページ | 王毅大使の寄稿 »