« メディアとネット | トップページ | 個人情報保護 »

日経マガジン

今日の日経に変な冊子が挟まっていた。
時計の広告かと思っていたら、表紙は反対側だった。
「THE NIKKEI MAGAZINE」と銘打たれていて、松井秀喜のインタビューなどを楽しく読ませてもらった。
ふと、気になって編集後記を読んでみた。

編集部から
○新聞記者が作る新しいメディァ「THENIKKEIMAGAZINE」(日経マガジン)。名前に「マガジン」と入っていますが、これはあくまで新聞の一部です。第一線の現場で日々の新聞を作る記者が、「ちょっと立ち止まって考える」をキーワードに、新しい視点と発想でテーマを選び、取材・撮影していきます。
○戦争、テロ、異常気象、凶悪犯罪…。
現代はあまりに悲惨な事件が頻繁に発生し、人々を思考停止に追い込もうとしています。しかし、こんな時代だからこそ一度立ち止まって視点をズラし、新しい光を当てて事象をじっくり考える必要があるのではないでしょうか。ひとつの価値観に満足せず、民族、信仰、文化、経済、国家、家族、世代それぞれにおいて、ゆとりを持った共存を目指す。そんな柔軟でしなやかな生活美学を提唱します。
○創刊号の巻頭特集を飾ったニューヨークヤンキースの松井秀喜選手も「思考」を大切にし、「自分の生き方には自分で責任を持っ」という美学で異国での新しい生活に飛び込んでいっています。バリのヤシ林を自分で切り開いて毒蛇と戦いながら工房を作ったキルト作家、秦泉寺由子さんや「17Secrets」に登場した女優の寺島しのぶさんも豊かな共存の精神の持ち主です。今後も、こうした魅力的な人たちをどんどん紹介していきます。
○デザイン監修はグラフィックデザインの第一人者、戸田ツトム氏が担当。追力のある写真と洗練されたデザインで、新しいメディアにふさわしい、新しいイメージを作り上げていきたいと思っています。どうかご期待ください。
編集長・山田康昭§

日経も何か変わらなければいけないと考えたのでしょうか。

私はネットを使って「即時性・双方向性」の重要性・ありがたさ・厳しさを知り、これからの時代に必要だとの思いで、いろいろな主張をしてきたので、この冊子については特に喝采を送るものではありませんが、「何か変わろう」としているのでしたらそれは評価されるものだと思います。
「札幌から  ニュースの現場で考えること」の高田さんが「東京にて、後輩と。」で書かれているような、

いかにもまずいのは、そういう年代の方々が、若い世代や外部の読者と向き合わない代わりに(少なくとも社内の部下に対しては)、「おれの言うことが聞けないの?」式の考えを押し付けていくことにあります。それも体育会系的な方法で。

という風潮が無くなってくれることを望みます。

3月24日追記:[札幌から  ニュースの現場で考えることから]「マスコミを勧めない理由」に対してからトラックバックをいただきました。
私はマスコミ界に限らず、どんな些細なことでも旧習を打ち破る動きに注目しています。
反省すべき膿は充分に出し切る必要はありますが、その先も見つめたいと考えています。。
だってそうしていないと悲し過ぎますし、明るく前向きな姿勢だとは思えないですから。

|

« メディアとネット | トップページ | 個人情報保護 »

コメント

こんにちわ★
あなたのサイトをランキングに参加しませんか?
ランキングに参加すると見てくれる人が今以上に増えますのでお得です(^^)/
ではこれからも頑張って下さい☆

投稿: 人気BLOGランキング | 2005.03.20 20:42

ランクアップにあくせくするのは疲れます。
また、他人のそれを見ていると、惨めな感覚に襲われます。
無理せずに続けていくつもりです。

投稿: 聞きかじり | 2005.03.21 08:23

日経マガジンno,4 p16 田尻町の伸萌地区のふゆみずたんぼのページ。圧巻でした。表紙の写真合わせ、伸萌地区の夜明けの雁行の写真が最高。
1週間ほど前に、この箇所でふゆみずたんぼの研修で全国から130人ほどが集まりました。この折りは雁が渡去した後で、水を一度落としてしまったそうで、典型的な乾田状態でがっかりしました。
生き物も殆ど見られず、ふゆみずたんぼと乾田での風景の違いに、その楽さに改めて驚嘆しました。でも、これはまずいと皆様が言ってくれていて、来年は大丈夫でしょうし、水を張ればまた原風景は回復するはずです。
 この雑誌は楽しみです。今後ともこのラインで頑張って欲しいと思います。

投稿: 荒尾 稔 | 2005.04.18 11:05

荒尾さん、コメントありがとうございました。
構成は、まだまだ「報道する」なので、特別変化が解らないのですが、編集後記に「叱咤・激励」が載っていましたね。
もう少し何らかの方法でコラボしてもらいたいです。

先日NHKで「渡良瀬遊水地」をやっていました。
私たちはもっと身近な自然を大切にしたいですね。

投稿: 聞きかじり | 2005.04.18 14:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12990/3367723

この記事へのトラックバック一覧です: 日経マガジン:

» 「マスコミを勧めない理由」に対して [札幌から  ニュースの現場で考えること]
引き続き東京滞在中です。種々の仕事で忙しく、自分のブログを覗くヒマもあまりありませんでした。いまも次のアポが迫っているのですが、でも、気になるエントリが共同通信... [続きを読む]

受信: 2005.03.23 22:35

« メディアとネット | トップページ | 個人情報保護 »