« 区職員と面談 | トップページ | サイバー考古学へのTB:五輪とネットBBCの挑戦 »

サイバー考古学へのTB

先日、「サイバー考古学」の島田憲正さんとお話する機会を得ましたが、この記事を読んでいると面白い!でも、突っ込み所もありそう。
島田さんが、ひょっとして私のブログをしばらくチェックしてくれていると期待して、TB風のエントリを書いて見ます。

まずは、「選挙にネット黙認の流れ?(7/17) 」へのエントリ。

一部の候補者については知りませんが、私が接してきた多くの候補者は、「文書、図画の配布」についてはとても神経質になっています。
選挙中も掲示板に投稿し続けた代表は、門真市の戸田ひさよしさんでしょう。
それ以外の多くの候補は、「更新を中止」し、掲示板への書き込みを停止しました。

これは「届け出られた運動員」による「選挙運動違反」に配慮したものです。
HPであっても、「運動員以外の者」による「政治活動」は、選挙期間中であっても禁じられていませんから、「HPの閉鎖」にいたっては、ネットオタクにとっては残念なことです。
ただし、国政選挙時には「政治活動における文書図画の配布」が禁じられています。
過去に「ネットで選挙」や「選挙期間中のサイト運営」でも書きましたが、「金のかからない選挙」を基本理念としている「公職選挙法」の改正を、国会議員に強く要望するしだいです。

|

« 区職員と面談 | トップページ | サイバー考古学へのTB:五輪とネットBBCの挑戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12990/2301357

この記事へのトラックバック一覧です: サイバー考古学へのTB:

« 区職員と面談 | トップページ | サイバー考古学へのTB:五輪とネットBBCの挑戦 »