« 竹中平蔵氏のココログ | トップページ | サッカー、バーレーン戦 »

競争と企業の責任

「週間!木村剛」に「NTT対ソフトバンク戦争」とのタイトルで、記事が書かれている。

しかし公衆電話の役割を携帯電話が取ってかわったように、現在の固定電話の役割を、今後IP電話が担う可能性があることを考えると、例えば、緊急通報やフリーダイヤルの確保など、コモンキャリア的な規制を導入すべきかどうかなどの課題も生じる。セキュリティの問題も今後さらにクローズアップされてくることになろう。

セキュリティに関しては、アメリカで「盗聴が出来ずに、防犯上問題視されている」と言う記事を読んだ記憶があります。

さて、公衆電話に関して、小学校などの公衆電話が撤去されている問題が指摘されています。
小学生に携帯を持たせる是非も含まれるでしょうが、災害非難時を考えるとかなり強固な設備を持った公衆電話が設置されるべきと考えられます。
しかし、その費用負担はどこがするのでしょう。

本来ならばNTTが企業の社会責任として維持すべきでしょう。
もしくは、「電話サービス事業者」の団体で維持してもいいかもしれません。
しかし、昨今の企業に社会責任にかまっている余裕はありません。
IP電話が「電話サービス」ではないとすれば、IP電話事業者はこの社会責任を無視して事業拡大を図れます。

ならば、税金で維持すればいいのかというと、この問題は公衆電話に限ったことではないので、やはり企業の社会責任で解決したい問題だと考えられます。

この問題に含まれることには、三菱の欠陥トラック、NHKで放送されたトラック事故の原因、牛丼戦争がもたらしたものなどが挙げられると思います。
価格競争と企業倫理や企業努力などのバランスという問題も含まれるでしょうが、過剰な価格競争が実は日本経済を蝕んでいるという側面を持っていないのかという疑問を持っています。

スーパーのおかげで、生鮮三品の商店が姿を消しました。
なべを持って豆腐を買いにいく子供がいなくなりました。
足腰の弱ったご老人には大変不便な買い物を強いられているという話も聞きます。
商店街の消滅には、個々の商店の企業努力のほかに、商店街としての協力と努力が欠けていたと思いますが、自由競争・規制緩和のもとで、「安ければ良い」という風潮は日本社会をも蝕んではいないでしょうか?

ソフトバンク社の実績・発想・行動には評価される部分が多いですが、実際の使い勝手には疑問符がつくことも散見されるようです。
一消費者として、本当に賢い買い物とは何かを考えることが、これからは多少なりとも必要ではないでしょうか。

|

« 竹中平蔵氏のココログ | トップページ | サッカー、バーレーン戦 »

コメント

こんにちは。

>なべを持って豆腐を買いにいく。

こういう感覚を復活させたいですね。
以前にごみ収集のアルバイトをしまして、凄く考えさせられたんですよ。プラスチック系のごみがやたら多い。

私のいや~な予感は、全世界の富は結局のところ、企業のオーナー、株主のところへ入っていく。

ゴールデンウィークにバンコクの街を歩いて、コンビニの多さに驚きました。コンビニでモノを買っても、アルバイトのあんちゃんは潤わない。本部が一番儲かる。どうせお金を落とすなら、家族で切り盛りする屋台で使いたい。

景気景気というけれど、所詮株価なんですよ。リストラで企業業績を上げて、社員一人一人の労働は増えて賃金はさほど上がらず。すべて株主へ。

見え見えの構図に虚しさばかりが募るのは私だけでしょうか。

ロバート・キヨサキ氏に刺激されて経済の勉強もしたけれど、結局膨大な経済的弱者を作ってしまうんです。それが社会を不安定にさせる要因になる。

悲観ばかりしても仕方がない。まず自身の意識から変えなければ。

投稿: mossarin | 2004.08.02 11:38

mossarinさん、お久しぶりです。コメントありがとうございます。

>全世界の富は結局のところ、企業のオーナー、株主のところへ入っていく。

富が集まった株主はがっぽり税金を取られる。
その税金は老人福祉や年金に回される。
何ら生産することが無い老人福祉が、指し当たっての「富の終着駅」とは考えられないでしょうか。

今を生きるのも、その終着駅にたどり着くまでの混迷の過程かもしれません。

>見え見えの構図に虚しさばかりが募るのは私だけでしょうか。
僕は中小・零細企業に身を置く者ですが、今の時代は労働者の方がよっぽど優遇されているような気がします。
ひとつの視点にこだわっていると、虚しさからは抜け出せないと思います。

幸いブログではいろいろな視点からものを見させてくれます。
また、コメントをくださいね。

投稿: 聞きかじり | 2004.08.02 16:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12990/1086091

この記事へのトラックバック一覧です: 競争と企業の責任:

» IP電話とNTT分割と郵政民営化 [週刊!木村剛]
 皆さん、こんにちは。木村剛です。7月30日に「NTT対ソフトバンク戦争の行方」 [続きを読む]

受信: 2004.08.04 10:23

» McDMasterを脅かすのは誰か?[TrackBack Ranking] [週刊!木村剛]
 皆さん、こんにちは。木村剛です。暑中お見舞い申し上げます。毎日毎日、本当に蒸し [続きを読む]

受信: 2004.08.08 16:07

« 竹中平蔵氏のココログ | トップページ | サッカー、バーレーン戦 »