« 【年金問題】OPの「新着記事」 | トップページ | 年金の財政再計算 »

素人が参加できる政治のオープンソース化

H-Yamaguchi.netさんのブログに「政治のオープンソース化:「プロ」でないことの強み」と書かれていた。
本旨は「専門家が(無報酬で)しがらみの無い仕事をする大事さ」だと思うが、素人の立場から考えて見ました。

ポイントは、これらの専門家たちが、それによって報酬を受けるという意味での「プロ」ではない、ということだ。(中略)しかし「プロ」でない専門家であれば、こうしたしがらみはなく、より客観的な立場から物事をみることが可能にとなする。 (中略) 勝手連の「素人」がだめだといっているのではない。彼らはもちろん力強い味方だ。しかし一般的には、彼らは問題解決の提案には残念ながらあまり期待できないし、また熱しやすくさめやすいという問題点も持つ。 (中略) この点で、木村氏の年金問題への取り組みに関しては、少なからぬ「素人」からの応援がある。やはりここでは、さらに多くの専門家の関与が欲しいところだろう。報酬のためではなく、専門家としての責任感などから自分の力の一部を貸してくれる専門家たちが、だ。こうした動きがさらに広がり、一般化すれば、日本における「政治」というものへの考え方が変わってくるかもしれない。「誰か」に任せておく政治から、自分で参加していく政治へとだ。

非常に鋭い洞察で、それぞれに納得させられます。
僕はどちらのプロでもありませんが、「ネット上のプロジェクト」と言うことで、非常に興味があります。
また、年金問題は理解していないので、批判も提案も出来ませんでした。このプロジェクトで自分なりに理解の上提案が出来ればうれしいことです。

「ネット上のプロジェクト」についてプロはまだいないと思うので、是非挑戦してみたい事柄です。
確かに「素人は熱しやすくさめやすいという問題点も持つ」し「ネットでは逃げやすい」と言うもっと大きな問題点が有ります。
ポイントは「誰でも出来る仕事を作って、少しで良いから手伝ってもらう」ことだと考えています。

連絡の場、検討の場、レクチャーの場、これらの場をどうするか。
その場を使ったコーディネートをどうするか。
多くの「素人」に、これらの場に参加してもらうことも大事だと思います。
そして、これらの検討はすぐにでも始められることだと考えます。
山口さんには、これらに対しても提言いただけるとありがたいです。

木村さんが目立つことに反発を感じる方も多いでしょうが、私は「年金問題を知りたい」「ネット上でプロジェクトを展開したい」そして山口さんが指摘されるように「新たな民主主義の扉を開くため」に、好みには目をつぶって参加することにしました。

と言うわけで山口さんのブログと、「新着一覧」にトラックバック。

|

« 【年金問題】OPの「新着記事」 | トップページ | 年金の財政再計算 »

コメント

ニフティのメアドがついていたけど、URLはいいかげんだな。
この記事に対するコメントになっていないし、どこが「山梨地方区では素人が立ち上がってます。」なのかよくわからん。

こういうコメントは止めてほしいなぁ。

投稿: 聞きかじり | 2004.06.27 12:11

初めての発言で、書くところを間違えたようです。
すみませんでした。

投稿: 明治っ子 | 2004.06.27 13:28

あはははは、了解です。

全部削除してもいいんですけど、見た人にわかりづらいので、最初のコメントだけ削除させていただきます。
そして、しばらくしたら全部削除することにします。

投稿: 聞きかじり | 2004.06.27 15:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12990/798905

この記事へのトラックバック一覧です: 素人が参加できる政治のオープンソース化:

» 「ネット上のプロジェクト」 [気韻頭日記]
ココログの木村剛氏が「公的年金関連のデーターとプログラム」の情報公開を受けるとの事。 紙で4991枚と言うトンでもない量だ、そこで表題のプロジェクトを立ち上げよ... [続きを読む]

受信: 2004.06.19 21:28

» 年金タスクフォース:過大な期待は禁物 [H-Yamaguchi.net]
木村剛氏の請求により厚生労働省が公的年金関連の文書を開示すると決定したことから、 [続きを読む]

受信: 2004.06.22 01:34

« 【年金問題】OPの「新着記事」 | トップページ | 年金の財政再計算 »