« 徳島県議会で懲罰、その2 | トップページ | RDFの実際 »

徳島県懲罰、調書以外から知り得た?

「豊岡、山田両氏は四、五両日の代表質問で、元出納長らが東京地検の調べに対して供述した内容を引用。元出納長が談合の実態を黙認していたことや、工事公告書を入札前に後援会事務所長に渡したことなどを明らかにした。」

これが懲罰事犯となったようですが、吉田益子さんの日記に、「県のホームページからも知りえる」との記述がありました。
徳島県のサイト、「汚職問題調査等報告書(要旨)」

この報告書によると、第3章、第4(本件汚職事件の刑事事件記録等からの検討)の2
「尾﨑から市場西村建設へ便宜をはかってもらいたい旨の要請に応じたのを除いて、公共工事に関する陳情・要請等については、自ら関与することはなく、出納長や秘書課長に指示して、県庁内部で処理・調整をさせていたにすぎず、しかも、その指示も「これを検討してみて下さい。無理なら無理をする必要はないから。」といった言い方であり、部下に強いて不公正な行政処理を行わせた形跡はない。」
「徳島県発注の公共工事について、いわゆる「天の声」を発して、受注業者選定に関して自己の意向を業界に反映させる受注調整を行い、」
との記述があるだけで、元出納長の関与については記述されていない。

上の報告書が、刑事事件記録を引用していることから、
「元知事汚職事件の刑事記録をもとに代表質問で元出納長の供述を引用するなどして議会の品位を失墜させた」
ことに疑問を呈することはできるとは思う。

|

« 徳島県議会で懲罰、その2 | トップページ | RDFの実際 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12990/350256

この記事へのトラックバック一覧です: 徳島県懲罰、調書以外から知り得た?:

« 徳島県議会で懲罰、その2 | トップページ | RDFの実際 »